カラダ・ラボ オレンジのコンディショニングについて

カラダ・ラボ  オレンジ(以下オレンジ)のコンディショニングに興味を持っていただきありがとうございます。コンセプトや料金などについてはトップページからそれぞれのリンクをご覧いただけますと幸いです。

当ページでは、オレンジでのコンディショニングの流れについて説明します。
少しでも不安がない状態で来院していただけましたら嬉しく思います。

 

オレンジのコンディショニングで行なうこと

  • カウンセリング
  • 評価(姿勢・動作・関節可動域など)
  • コンディショニング
  • 再評価
  • ホームエクササイズ指導

シンプルに説明すると上記です。これだけでは、少し分かりづらいので具体例でお話します。

 

具体例:変形性膝関節症と診断されており、治療しているが痛くて歩けない場合

まずはカウンセリングにより以下のことを教えていただきます。

  • いつから痛いか:だいぶ前から違和感があった、痛みが強くなったのは半年前
  • なぜ痛くなったか:旅行に行って2日間で2万歩歩いたら次の日から痛くて歩けなくなった
  • どんな時痛いか:歩く時、階段、動きはじめ
  • どんな時痛くないか:じっとしていれば
  • 他に気になるカラダの部位はあるか:腰は以前から1年に1回はぎっくり腰になる
  • 病院に行ったか:行った
  • 病院ではどんな診断を受けたか:変形性膝関節症
  • 今までどんな治療を受けてきたか:ヒアルロン酸の注射、痛み止め、湿布
  • 今までの治療の効果はどうか:その時はいい事もあるし、全く効かないときもある
  • 今の症状を改善してどんなことがしたいか:とにかく、痛みなく歩けるようにしたい。家から出るのも億劫

など。

痛みの原因としてすぐ思いつくものとしては、【膝のお皿の動きが悪い】、【太ももの前側の筋肉の使い方が悪い】などが上げられます。こういった“痛みや症状の原因”をカウンセリングから “仮設” として5〜6個程度たてまして、コンディショニングプランの基礎を作っていきます。

 

痛みの原因は症状の出てる場所にある場合もありますし、ない場合もあります。なので、できるだけ詳しくカラダの状態を教えていただけると、様々な仮説を立てることができ、コンディショニングに役立てることができます。聞かれすぎて鬱陶しいかもしれませんが、ご協力くださいませ。

※ カウンセリングの結果、コンディショニングによって症状が改善しない、もしくは症状が悪化すると判断した場合は、コンディショニングを行えない場合があります。ここに文章

 

仮設に対して、コンディショニングしていく

ある程度の仮設を立てた後に、実際にカラダの動きを見たり、触ったりしながら、より詳しく原因を探していきます。

「仮設=痛みの原因」なので、その仮設があっていれば痛みは消えるし、間違っていれば痛みは消えない、ただそれだけです。

  • 仮設1【膝のお皿の動きが悪い】:太ももの前側の筋肉のリラクゼーション→膝のお皿の上の組織のなめらかな動きの獲得→膝のお皿の動きの改善
  • 仮設2【太ももの前側の筋肉の使い方が悪い】:太ももの前側の筋肉のリラクゼーション→太ももの前側の筋肉間のなめらかな動きの獲得→筋肉のトレーニング→スクワット動作→太ももの前側の筋肉の使い方改善

 

上記のように考え、まずは1つの仮説に対してコンディショニングをしてみて、痛みの改善をみます。その後に、まだ痛みがあれば、残っている仮設をまた1つ解決していきます。

これを、痛みが改善するまでただひたすら繰り返していきます。

 

コンディショニング時に使うテクニックは以下で、

  • 骨盤調整
  • 組織感リリース
  • リラクゼーション
  • ストレッチ
  • エクササイズ
  • ストレッチポール

 

など、必要に応じて使い分けていきます。

痛みの原因は1つと思われがちですが、実際のコンディショニングにおいては、仮設を立てる→コンディショニングのループが大切です。

 

コンディショニングにより改善した状態を維持するために

コンディショニングにより痛みが改善してきたら、現在の状態を維持するために必要なエクササイズを2,3個指導させていただきます。

 

  • 膝のお皿の動きの維持:お皿周囲のマッサージ
  • 太ももの前側の筋肉の使い方:座った状態での足伸ばし運動

 

その場で症状が改善したとしても、コンディショニング後のカラダの状態が維持できないと、再度痛みが出る可能性があります。

自分のカラダは自分で良くするを肝に銘じていただき、お家でも頑張ってエクササイズをしてください。

 

次回以降の来院は?

次回の治療に関して、オレンジでは強制的に予約を取るということはしていません。

現在のカラダの状態から、あなたに合ったコンディショニング方法を提案させてはいただきます。なので、ご自身で無理のないようお選びくださいませ。

万が一、「教えてもらったエクササイズがうまく出来ているか不安だけど、そのために行くのは大変」や「そんなにカラダの調子は悪くないけど、心配だから軽くチェックしてほしい」等の場合は、オンラインでのコンディショニングも承っておりますので、ぜひご活用ください。

これが、オレンジのコンディショニングの流れになります。

 

症状改善の最重要事項は原因の特定 → コンディショニング、セルフケアです

今までの治療で、症状が改善しないのは、原因は複数の可能性があるにも関わらず「ひざの痛みに対して〇〇」といった、あなたの症状には合っていない対応しかされていなかったからかもです。

今回の例は膝でしたが、腰や首、肩など、カラダの動く部分においては、仮設→コンディショニング、セルフケアが大切です。

自分にあったコンディショニングで、生活の質を改善したいのなら、下記よりカラダ・ラボ  オレンジにご相談ください


LINE予約

 

お問い合わせ

※いつでもキャンセルは可能です。

 

2020年5月6日

Copyright© カラダ・ラボ オレンジ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.